エポン舎
by tomoka
ホームページ

働くことで、循環すること。
この冬、旦那さんは厚沢部に薪割りのお手伝いに行っていました。

そして、いくたびに、向こうでは美味しいご飯を用意してくれていて、

帰りには、たくさんの無農薬野菜や、美しい有機有精卵の卵をどっさり貰って帰ってくるのであります。

なんと、なんと、食べ盛りの2歳児がいる我が家にとっては何ともありがたく、

旦那さんにも感謝、感謝ーなのでありました。

この循環を産み出してくれたのは、あの方やこの方。

目に見えても、見えなくても、たくさんの繋がりを経て、

今、私たちに巡ってきているということを、

本当にありがたく想い、人とのご縁というのは本当に不思議で、

こんなにも胸が温まるものなんだと感じています。

みんな、真剣に考えて、自分たちで暮らしを創意工夫して生きている。

それを、ひとつひとつ、丁寧に、全力で向き合う主人の姿にも、

学び、感じることが沢山あります。


旦那さんの労働力が、野菜たちに変わって帰ってくることの喜びは、

なんだか、狩りをしてきた旦那さんを祝うような気持ち。笑

「おつかれさまでしたーー!!」と、心の底から自然と言葉が出てくるのです。

北海道産の葉もの野菜は貴重なので、本当にありがたかったのでありました。

昔の人は、こうやって自分のできる事と、生活に必要なものとを交換させて、循環の生活だったのだろうな〜と、

この野菜を受け取るたびに、想いを巡らせます。

お金で回る生活。

循環で回る生活。

の2パターンを、私たちは経験することが出来て、

両方の考え方を知る事が出来て、

なんとも多用している面白き世界。

循環で回る生活になるには、私はまだまだ力不足ですが、

周りを見渡せば、本当に勉強になる方々が沢山いることのありがたさ。


受け取った、この野菜や卵たち。


さて、どのように循環しようか。

考えると、ワクワクするのであります。

私たちの、そして口にする誰かのために、

身体のエネルギーとなること間違いなしであります。

e0321980_12263298.jpg

e0321980_12280211.jpg


[PR]
by pazarbazar-yome | 2017-03-17 12:31 | Diary
<< ショップカードを作らせていただ... 保育園か幼稚園か。 >>


カテゴリ
全体
Diary
I made Sweets&Drink
アーユルヴェーダ
絵+デザインの作品例
未分類

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

画像一覧