エポン舎
by tomoka
ホームページ

<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
メッセージ。
謙虚さを忘れないこと。

感謝の気持ちを忘れないこと。

他人がいて自分が在ること。

今日、わたしのところへやってきたメッセージ。

家へとつづく、トトロの道と呼んでる帰り道。

雨の日の散歩。

なんかすき。

e0321980_23015315.jpg




[PR]
by pazarbazar-yome | 2015-05-22 22:54 | Diary | Comments(0)
92画伯。LINEスタンプ遂に!
店主献身の、LINEスタンプが遂に完成しました。

目の調子が良く無いなか、黙々と作業に勤しんでいました。

パソコンと携帯はほどほどに!と、私にグチグチ言われながら作っておられた92画伯。

まさに、涙の結晶と言わんばかりの作品となりました。笑

なかなか、使いやすいスタンプ。
よければ、ぜひ。


[PR]
by pazarbazar-yome | 2015-05-21 11:53 | Diary | Comments(0)
祝福のマッサージ。
先日、アロマセラピーサロン&スクールmiyuことmiyuちゃんが、

出産のお祝いに祝福のマッサージをしてくれました。

施術してくれたのは、ハワイと石垣島にて学んでこられたエサレンマッサージというマッサージ。

わたしは初体験だったのだけど、これが饒舌に気持ちよくて感動してしまった…

マッサージを受けて、気持ちがいい。癒された。という想いになったことは有るけれど、

感動したのは初めて。

miyuちゃんのセラピストとしての心遣いや、信念みたいなものが伝わってきた。

という方が正しいかもしれない。

波のように流れる大胆なストロークに、所々ポイント的に繊細で緻密なマッサージ。

その身体と対話しているように、所々で身体を揺さぶる、

その人の身体に合わせた愛のあるマッサージ。

miyuちゃんがその人の身体のことを知り尽くし、

感覚に任せて大胆なところと繊細に集中し、計算されているところがはっきりとしているような‥

マッサージのあとは、たいていグッタリする私ですが、

このエサレンマッサージは不思議とじんわ〜り温かく満たされた気持ちが続いていました。

こゝろも身体も、ふくふくと満たされて、

施術中は幸せだな〜と感じながら、至福の中へストンと落ちて行く感じ。

毎日でも受けたいと思ってしまった。笑

マッサージを通して、自分の想いを伝え、そして受け取り、またそれを誰かへ還すmiyuちゃん。

なんて素晴らしいお仕事なんだろう…。

出産して、9日目と30日目には大沼のタイ古式マッサージ更紗さんにお願いして、

大きく身体に揺さぶりかけて、骨盤調整を含め身体を整えてもらったりと、

身体やこゝろを整えることが出来る人に本当にお世話になり、

その素晴らしさを身を持って体感しています。


いつの日にか使うであろうアーユルヴェーダ用のマッサージベッドを、

やっとこ段ボールから開けました。

マッサージの練習を開始。

インドで習ったマッサージや、5000年も伝わってきたという智慧の記憶をたぐり寄せています。

マッサージを受けて、わたしの中の何かがピピっと刺激された様。

本当にありがとうございました。

Aromatherapy salon&school miyu

e0321980_135523.jpg

[PR]
by pazarbazar-yome | 2015-05-15 14:00 | アーユルヴェーダ | Comments(0)
住む。暮らす。働く。生きる。
ことについて、

考えるこのごろ。

自分を掘り下げてみる。

自然とながれに身を任せる。

すべては、ご縁とタイミング。

e0321980_07463466.jpg

[PR]
by pazarbazar-yome | 2015-05-14 07:44 | Diary | Comments(0)
100
14日で、祝100日。

きのうは家族みんなでお宮参り+御食い初め◎

おめでとう。

コーライ。

祝コーライ。
布おむつで0を作るのに奮闘した母ちゃんであります。
それでも綺麗な0じゃないのは、ご愛嬌。

e0321980_22523987.jpg

[PR]
by pazarbazar-yome | 2015-05-11 22:45 | Diary | Comments(0)
初女先生のお言葉。
『面倒くさいという言葉は嫌いです』

『私は、ただ毎日やって来たことをお話ししているだけです』

なんだか刺さる、

この言葉たち。

[PR]
by pazarbazar-yome | 2015-05-09 22:26 | Diary | Comments(0)
自家製甘酒。
最近は、冷やごはんと麹の甘酒をよく作る。
お米は清和の丘農園の無農薬玄米を5分づきにして、それに黒米を混ぜて炊いたもの。
偶然だけど、麹も含め全て厚沢部産。
ここ道南は美味しい素材が盛りだくさん。
学生のころには見えていなかった豊かさが、
なんだか沢山あることに気づきはじめました。

住む場所。はもちろん大切なことだけれど、
そこでどう暮らすか。どういう想いで生きているかが、より大切な気がしているこのごろ。

あ、話を甘酒に戻します。

お店で出た残りご飯をなんとか活用したいと考えて甘酒づくりを思いついたにしては、
お菓子づくりに使えたり、間食用に食べたり、寒いときは弱火にかけて生姜を擦りおろしを入れて飲んだりと、かなり気にいってヘビロテしてます。(ヘビロテの使い方合ってますか?笑)
離乳食にも良いと聞いたので、これからますます活躍しそう。

近頃は、この自家製甘酒にりんご、小松菜、好みの油、お塩などを入れてガーーっとミキサーにかけた甘酒グリーンスムージーが私の朝ごはんによく登場します。
上にグラノーラをのせたり、
アーモンドミルクや、
柑橘系を少し入れても美味。

e0321980_08033841.jpg

【麹の甘酒】
•冷やごはん 600g
•熱湯 600cc
•麹 200g

鍋に残りごはんを入れ熱湯をかける
10分中火にかけて、火を止める
ひとさし指を5秒間ぐらい入れておける温度になったら麹をパラパラと入れて、よくかきまぜる。
そのまま24時間放置保温(甘めが好きな方)
炊飯器で保温なら蓋をあけて布巾をかけておく。
ブレンダーor FPでなめらかにして完成。
冷蔵庫で2週間ほど保存可能。

シンプルなのに美味し。

[PR]
by pazarbazar-yome | 2015-05-09 07:46 | I made Sweets&Drink | Comments(0)
大沼というところ。ひと。
今日は久しぶりに大沼へ。

大沼は、函館から40分ほど離れた田舎まち。

なんにも無いけど、大切なものが満ち満ちている。私にとっては、そんな場所。

大沼へ行き、逢いたい人すべてに逢えた日は私のラッキーデーとなる。

今日はその、ラッキーデー。

ドンジャラー!!って心の中で叫びました。

この地で暮らしや生活を営むひとたち。

ふんわりしていて、肩の力がふわっと抜けていて、いつも変わらず自然体で。だけど、芯はピシリと通っていて、話していると、心地よいな〜といつも思う。

そんなひと。くらし。生き方。考え方。を間近で感じられることは、なんと贅沢なことだろう。

買いたかった山羊チーズを買い、妊娠中によく食べにいっていた大好きなご飯を頂き、サプライズ的に逢えた方から出産のお祝いにと、新鮮な野菜と素敵なお弁当箱を頂いた。
とても軽い木製の、それは素敵な弁当箱。
中には漆が塗られている。
手にスッと馴染む。
使うたびに、その方のことや頂いたときの状況を思い出す。そんな、大切なお弁当箱となりそうです。
我が家へきてくれてありがとうございます。
弁当箱さん。おいしいご飯をギュギュっと詰めて、一緒にどこかへ出かけましょう。
今からその日が、楽しみです。

e0321980_23254159.jpg

[PR]
by pazarbazar-yome | 2015-05-06 22:59 | Diary | Comments(0)


カテゴリ
全体
Diary
I made Sweets&Drink
アーユルヴェーダ
絵+デザインの作品例
未分類

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

画像一覧