エポン舎
by tomoka
ホームページ

実家。
22日の出産予定日をすぎて早一週間。

まだ出てくる気配の無い、我がムスコ君。

そんなんだから、
実家にお世話になり早くも2週間が経った。

約10年ぶりとなる両親との共同生活。

始めは価値観、食事、生活リズムの違い‥etcを考えると、一緒に暮らすのは恐らく無理だ‥と思い、敬遠していた。

なので、予定日1週間前だけお世話になろうと、自分なりには結構覚悟を決めて、
実家にお世話になることを決めた。

しかし予定日を過ぎても出てこず‥

結局2週間経過。

毎日、外を散歩。
日曜は父に付き合ってもらい、
一緒にウォーキングしたり、
夜には父か母にマッサージしてあげるのが恒例になりつつあるこのごろ。


2人とも忙しい毎日を過ごしてきて、
身体を労わってあげるということをしてこなかったからか、仙骨を湯たんぽで温めて、
丁寧に、いままでの感謝の気持ちと、
身体へ労わりの気持ちを込めながらマッサージしてあげると、本当に気持ちよさそう‥
言葉で伝えるより、この感謝の伝え方のほうが私には合っているのかもしれないな。

そんな年をとった両親と毎日接するうちに、
両親も年老いてきたこと、
自分が成長したことを実感。
そうするうちに、両親のことを、かわいいなぁ。と思える様になってきた。笑

価値観が違えど、親子。

やっぱり何処かで考え方が似ていたり、
はたまた親を物凄く客観的に観ている自分がいたり、共感できる部分があったり。


うちは実家が車屋で、自営業。
一階で父が仕事して、
二階が自宅。
常にお客さんが来たり、
人のでいりで何かとバタバタ忙しい家。

だから昔は、母親はいつも仕事と子育てで
目が回るほど忙しそうだった。
それは、今も変わらず。
つくるご飯は、大胆で大雑把で大味。
まるで男料理だなと思うこともしばしば。

簡単で早くできてお腹いっぱいになる。
が重視の料理。

最近はリクエストして、
よくおにぎりを作ってもらう。
人に握ってもらうおにぎりは、
自分で握るのと全然ちがうから不思議。

母親の握るおにぎりは、
洗練された三角形なんかじゃなくて、
丸くて、ご飯の量がめちゃめちゃ多くて、
海苔の付け方も大雑把!
すこし前までの私は、
もっと丁寧なご飯が食べたいな。と、
不満を募らせた時期もあったけれど。
今はなんだか、こういうのが愛おしい。

e0321980_15042349.jpg




[PR]
by pazarbazar-yome | 2015-01-29 14:23 | Diary | Comments(0)
<< どーも。地蔵顔の豆小僧です。 中東日記。3 >>


カテゴリ
全体
Diary
I made Sweets&Drink
アーユルヴェーダ
絵+デザインの作品例
未分類

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

画像一覧