エポン舎
by tomoka
ホームページ

中東日記。2
いざ行く。と決めた中東。
だけど‥

中東について知識ゼロ!

レバノン、シリア、ヨルダンてどこ?と中学時代の社会地図を見るところから始まり‥
パレスチナとイスラエルって何で仲が悪いの?
中東って何語?
中東って宗教は?
そもそも中東って、
どこからどこまでの国々を言うの‥???etc

と解らないことだらけ。謎だらけ。

函館メンバー8名で、中東についての勉強会を開き、知識を高めるも‥正直。

平和ボケという言葉が存在するほどの
小さな島国である日本でぬくぬく育ち、
無宗教。
戦争や貧困と無縁で暮らして来た私にとって、
理解とはほど遠く‥
自分の知らない別の世界。のように感じた。
そういう国もあるんだな〜と、
お気楽に考えていたし、
勉強すればするほど複雑で
解らなくなっていく数々の問題‥


けれど‥

いざ、中東へ行くことを両親に伝えると‥‥

案の定、うちの家族は大パニック。
猛烈批判。大反対。バッシングの嵐!

終いには、親戚まで出て来て「何の正義感で”そんな所”へいくのか理解できない!」やら、
父からは「お前が戦争に巻き込まれて、半身不随とかになっても知らないぞ!」とまで言われる始末‥
なぜ半身不随?‥未だにそこは謎である‥が父なりに危険だ!という事を伝えたかったのかな。

母は中東へ行くまで結局機嫌を損ねていて、まともに口も聞いてくれず‥

でもそんな言葉を何度も何度も聞くたびに、
「一体、何を知っていて、そんな場所と言えるのか?」という想いがフツフツとしてきて、
疑問が次々と湧いて来た。

●どうして直接行ったことも無いのに危険だと決めつけるんだろう?
●どうして中東=戦争、危ない、危険、怖いという方程式が埋め込まれているんだろう?
●皆がテレビの情報をここまで信じているのは何でなんだろう?

‥etc

そんなことを考えるうちに、勢いで決めてしまった中東行きに目標が出来はじめた。

それは、ふつうに暮らしている人の生活を見てみたい。
日本ではあまり良いイメージを持たれていない中東に暮らす人の笑顔を見てみたいということ。


テレビや聞いた情報や想像だけで話すのではなくて、
直接自分の目で観て、肌で感じたことを言える大人になりたい。

それは、そのときに強く思ったこと。

その想いは今でも変わらない。

だから、この中東の旅は頭に知識を詰め込んで行くんじゃなくて、
五感ですべてを感じるものにしようって決めた。


[PR]
by pazarbazar-yome | 2015-01-24 16:18 | Diary | Comments(0)
<< 中東日記。3 中東日記。1 >>


カテゴリ
全体
Diary
I made Sweets&Drink
アーユルヴェーダ
絵+デザインの作品例
未分類

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

画像一覧