エポン舎
by tomoka
ホームページ

わたら【ワークショップ詳細】
わたらワークショップ開催
日時7月9日(日)1ワーク¥2000
場所 氏子会館(函館八幡宮境内)
P有り

e0321980_14104022.gif


『日本の笛ワークショップ』 立石雷 10:30-12:00
①笛の基本講座
初心者から経験者まで。子供からお年寄りまで。
幅広い層対象に行えます。
姿勢、持ち方、音の出し方を丁寧に伝えます。
具体的には笛の基本である。
1.呼吸法
2.口の形
3.指の動き
と3段階に分けて進めていきます。wsの時間は1時間から2時間。
音が順調に出れば簡単な曲まで行きます。
WSで使う笛はこちらで貸し出します。


『韓国太鼓のリズムを、手拍子&足拍子で遊ぶ』 チェ ジェチョル 13:00-14:30
韓国&朝鮮半島に伝わる祭り囃子のリズムがあります。田んぼ仕事を助ける農楽に始まって、
土地や先祖の神様を祈る祭礼音楽、尊い王様に捧げる宮中音楽など。人の生活の中で、
色んな場面で使われるチャング(韓国太鼓)やカラッ(リズム)は、自然の周期を基にしています。
1年12ヶ月を、春夏秋冬の四季で感じてみたり、1ヶ月や、1日、1時間で感じてみたり。流れる時間のサイクルを、
合わせたり、ずらしたり、整えてたり、離したりしながらリズムを叩いて遊びます。
このワークショップでは、手拍子や足拍子を使って、カラダを楽に使いながら韓国リズムを体感して行きます。
手を打ちながら、自然と時間の流れを、全身で感じ取って貰えたら嬉しいです。



『チベタンダンス』 テンジン・クンサン 15:00-16:30
クンサンの演奏や唄声に合わせて輪になって踊る、初心者でも楽しめるダンスワークです。
チベットの広い大地を感じるようなリズミカルなステップを丁寧に教えてくれます。
チベットの各地に伝わる伝統的なダンスを習える貴重な機会です。
子供も一緒に楽しめそうなワークショップですので、是非お子様もご参加下さい!


『風とおどるカラダ』富木えり花 17:00-18:30
チベットでは身体の中に流れている風のことを〜ルン〜と言い、インドでは〜ナディ〜と表現されます。
ゆったりとしたヨガのメソッドを通して自分の呼吸や内面を見つめ、感性•感覚を繊細に起こしてゆきます。
そうすることで、自分の身体の中に流れている風の流れ、気の流れを感じ、力を抜いて任せてゆくと知らずと
自分のためのダンスが生まれてゆきます。
この緩んだ身体で『舞う』という動作を体験してゆきます。
全く踊ったことがない方でもご参加していただける内容です。
ゆるゆるとカラダと心地よい時間を過ごしましょう。


わたらワークショップ開催
日時7月9日(日)1ワーク¥2000
場所 氏子会館(函館八幡宮境内。広い畳のお部屋です)
P有り


【ご予約&お問い合わせ】
eponsha@gmail.com または、090-1643-0153(くにたて)

[PR]
# by pazarbazar-yome | 2017-06-03 15:40 | Diary | Comments(0)
多民族芸能楽団わたら2017【詳細&チケット情報】
昨年、素晴らしい演舞を魅せてくれた、多民族芸能楽団わたらが再び,来函決定いたしました。
詳細と、チケット情報をお伝え致します。
そして、チラシ配布のご協力求む!
PazarBazarに沢山ご用意してあります。すこしでも配布出来る方、ご協力をお願いします!
ジグザグ社制作の質感最高の素敵なフライヤーに仕上がっていますよ〜
1000部限定のフライヤーですので、ぜひ、実際に触ってみてほしいです。



【わたらin函館八幡宮2017】

●日時 2017/7/8(土)開場18:00 開演19:00

●場所 函館八幡宮 函館市谷地頭2番5号 駐車場あり

●前売り 3000円/当日3500円着物又は浴衣をお召しの方は500円分の飲食交換チケット付)

●出店 cafe+B&Bククム niyol  DripDrop  百閒  coneru  PazarBazar

※当日は野外での演奏になりますので、蚊よけ対策をお願い致します。

※雨天時は函館八幡宮敷地内にある氏子会館にて開催致します。



【ワークショップ詳細】

日時2017年7月9日(日)/ 氏子会館にて(函館八幡宮境内、P有り)

●10:30-12:00  日本の笛ワークショップ 立石雷

●13:00-14:30  韓国太鼓のリズムを手拍子と足拍子で遊ぶ チェ・ジェチョル

●15:00-16:30  チベタンダンス テンジン・クンサン

●17:00-18:30 風とおどるカラダ 富木えり花(内容は去年同様)

ワーク内容詳細はこちら↓


【チケット取扱い店】

niyol / 百閒 / cafe+B&Bククム / cafe Drip Drop(まちづくりセンター内)/ Pazar Bazar

函館八幡宮にも若干ですが、チケットを置かせて頂いていおります。

お電話や、メールでのチケット予約も可。下記まで、ご連絡下さい。



【すべての予約&お問い合わせ】

eponsha@gmail.com 又は、090-1643-0153(くにたて)



昨年のわたらin函館八幡宮2016のレポートは、こちらからご覧いただけます。



[PR]
# by pazarbazar-yome | 2017-06-03 14:22 | Diary | Comments(0)
夢と、聖者たちの食卓。
最近、私のインド熱がまた上がって来ています。

なぜかというと、先日、ガンジス川に飛び込んで、向こう岸へ渡る夢をみたから。

川に飛び込んだときの感覚や、
わくわくする気持ちや、
水の感覚や、
「こんなに汚い水に飛び込んでいいのかな」っていう不安感や、
でも、飛び込んで向こうの建物に辿り着いたときの嬉しかった気持ちなど、
とにかく、すごく気持ちが良い夢だったのです。


それで、インドに触れたいなと思って、ずっと観たかった映画「聖者たちの食卓」を観ました。

そしたら、なんと。

夢でガンジス川だと思っていた場所が映し出されていて、びっくりしてしまいました…

こんなことってあるんですね。

どうやら、私が夢でガンジス川だと思っていたところは、

インドのシク教総本山にあたるハリマンディル・サーヒブ<黄金寺院>だったようです。

ここの、聖なる水という寺院の真ん中にある水に入り、向こうの建物に辿り着くという夢をみていた様。

なんだか、不思議。インドのことを想いすぎて、引き寄せたのか、前世の記憶なのかは解りませんが、

この映画は、とってもシンプルで、ただ皆が無償の奉仕活動をしている様子が映し出されているのですが、

お金が有ろうがなかろうが、信仰心に誠実な人々の姿を観て、想うこと多々。

皆で食事する風景は、ニーヤルダムにあるシヴァナンダアシュラムへ行ったときと同じ感じだったので、

とても懐かしいかんじ。

あの不思議な夢が、まさかこの映画とリンクするとは想ってもなかったので、なんだか思い入れのある映画になりました。

世の中には解明できない、他の人には理解できないことって多々。

それでいいし、それがワクワクして愉しい。




[PR]
# by pazarbazar-yome | 2017-04-15 09:30 | Diary | Comments(0)
@hの表紙を描かせていただいています。
函館の季刊誌フリーペーパー@h(旧ボラット)の表紙を描かせていただくことになりました。

まずは春号。

内容はわりと考えさせられることが多いので、イラストは軽やかに。

市内各所に置いてあるので、どこかでお手元に取って頂けたら嬉しいです。

e0321980_09052599.jpg

[PR]
# by pazarbazar-yome | 2017-04-15 09:08 | 絵+デザインの作品例 | Comments(0)
ショップカードを作らせていただきました。
インドのケララにある、アルヴァという街にあるアーユルヴェーダの施設で施術を受けていた2013年。

私の後にすぐ、日本人の女子2人が入ってきた。

その1人がめぐちゃん。

めぐちゃんは、施術が終わり、日本へ帰ってからもアーユルヴェーダのお仕事をして、

なんと、このたび、アーユルヴェーダとヘナのサロン空(くう)を逗子にオープンすることになりました。

そこで、私に名刺と、ショップカードのデザインをオーダーしてくれ、

微力ながら協力させて頂いたのであります。

ご縁って、すごいですね。

空は、子宮やスペース(空間)や、アーユルヴェーダ的体質ではヴァータを意味します。

その単語をキーワードに絵を描かせていただきました。

イギリスにオーダーして、私の絵でシャワーカーテンも作られたそう…!

ネットがあれば、海もピョイっと超えて、

何でも出来てしまうんですね!びっくり。

とにもかくにも、おめでとう!

私も、いつか、マッサージしてもらいたいな〜。

産まれて初めて、自分で計画して、一人旅を実行した念願の南インドケララ州コーチン。

これは、私の人生のなかで、本当にスペシャルな時間でした。

この旅は自分を成長させてくれ、身も心も、空っぽにしてくれて、周りの人への感謝を改めて教えてくれた。

人間として本当に大切なことがぎっしり詰まった旅でした。

大好き。また行きたい。×100。

でも、あのときの自分だからあの時間があり、今の私が行ったら、また違う旅になるのでしょうね。

生きているうち、本当にスペシャルに胸に刻みこまれる旅って、そう多くは無い気がします。

あの瞬間の南インドの乾いた空気も、日本では見た事も聞いた事も無かった鳥の鳴き声も、街の匂いや、

人の温度や、食事も、文化も、すべてすべて愛おしかった。

そんな時に、めぐちゃんと出逢えて、ご縁が繋がっていること。

ほんとうに嬉しく思います。ありがとう。

そして、おめでとう!

e0321980_08523193.jpg


e0321980_08525068.jpg


e0321980_08542053.jpg


e0321980_08553500.jpg

[PR]
# by pazarbazar-yome | 2017-04-15 09:03 | 絵+デザインの作品例 | Comments(0)


カテゴリ
全体
Diary
I made Sweets&Drink
アーユルヴェーダ
絵+デザインの作品例
未分類

以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

画像一覧