「ほっ」と。キャンペーン

エポン舎
by tomoka
ホームページ

旅はやっぱり、いい。
1月10日〜13日まで。

山口県に行って参りました。

私が短大を2年間過ごした、第二の故郷でもある山口。

20代のころには全く興味の無かったもの。

人間の目線というのは、こんなにも変わるのか…という程、

今の私には、山口県の物、事、人すべてがジャストフィット。歳を取っただけかもしれないけれど、

西の京と呼ばれるだけあって、日本の奥深さを感じることができる山口に、ご縁があること、

家族のよういに、気にかけてくれる友達がいること、家族とこの地を訪れることが出来た事。

本当に嬉しく思いました。

13年ぶりに逢えた友達に逢い、煌礼を逢わせられた事、大好きな窯元が出来た事、

種田山頭火の愛した温泉に浸かれた事、雪舟のお庭を見られたこと、行く予定には無かった場所が素晴らしくよかったこと。

そして、家族での旅の仕方が段々わかって来た事。は、大きな収穫かもしれません。

煌礼が、ぐずり始めて、私も段々いっぱいいっぱいになってくると、くにちゃんがサッと、コーライを連れて散歩に行ってくれたり、

くにちゃんが必死になっているときは、私は煌礼と遊びに集中したり、

煌礼も、なんだかそんな私たちの空気を読むようになってきているのか、

何とかかんとか、家族の旅を楽しめるようになってきていて、これは大きな私たち全員の成長だなあーと感じました。

今は、まだレンタカーを借りての旅が中心ですが、もうすこし煌礼が歩けるようになったらまた、

電車とバスを乗り継いでの旅もしたい。


私は、全くもっての連絡不精なので、ご縁がそのまま切れてしまうことも、しばし有るのですが、

たまたま今回、山口の友達が久しぶりに連絡をくれたことがきっかけで、足を運ぶこととなりました。

また、途切れかけていたご縁が復活する嬉しさ。

今のことを、お互いに報告しながら、美味しい山口の銘酒を飲める嬉しさと言ったら無かったです。

私は13年ぶりの山口だったので、もう、嬉しくて、懐かしくて、忘れかけていた山口での記憶と、

「自分の中で「なんで山口なんかに行ったのだろう」という想いが、

「やっぱり、行って間違いじゃなかったんだ」という想いに変わり、それは、なんだかとっても想い入れのある旅となったのでした。

遠く離れていても、家族のように想ってくれる人がいるというのは、とってもありがたい事。

これからも、このご縁を大切に紡いでいきたいなと。

連絡不精の私は、すこし自分からも連絡してみる努力をしようと想います。




                       ●宇部空港の猿にウケてるコーライ↓
e0321980_15424718.jpg


●私が2年間通っていた山口芸術短期大学。
今は山口学芸大学という名前になっていた。
家族と、2年間住んでいた清心寮の前で↓
e0321980_15365683.jpg




e0321980_15533741.jpg


●瑠璃光寺とコーライ↓
e0321980_15412381.jpg


●山口の氏神様にご挨拶ということで、山口大神宮へ。
今回初めて知ったのだけど、大内氏が日本で初めて、伊勢神宮から御神を移した場所がこの山口大神宮なのだそうで、
奥には、伊勢神宮を超縮小した形で、内宮、外宮がありました。↓
こんなこと、20代の私は全く興味がなかったんだよなあ…


e0321980_15503890.jpg
e0321980_15491453.jpg


●至る所から、日本を感じる風景
e0321980_15551055.jpg

e0321980_16445521.jpg



e0321980_16483229.jpg


e0321980_16532967.jpg


e0321980_15451086.jpg







●コーライの頭の出来は、吉田松陰にお任せ。
e0321980_15410833.jpg


●大好きになっちゃった萩のはずれに有る、大屋窯。
偶然にも濱中月村さんとお逢いできて、
いきなり。
「誕」という字を調べてみて。と、分厚い戦前の大辞典を渡される。
「戦前の辞典というのが大事なんだ。改ざんされてないからね。」と。

調べてみると、「誕」=ウソ、イツワリ。と書かれてあった。

そう。君はまだ産まれていないんだよ。人の子を授かっただけ。
みんな宿命を持って生まれてきている。もう、そういう風になると決まっているし、
今日、君がここに来るというのも、決まっていたことなんだ。とか…

私のレベルではまだまだ理解出来ないことも沢山お話ししてくださった。
これを理解できるのは、私が月村先生ぐらいになったら理解出来るものなんだろうか…?
生活と暮らしすべてが藝術のなかに生きていて、
ものすごいエネルギーが伝わり、圧倒されてしまいました〜
強烈なエネルギーに触れて、こちらも触発。
月村さんが設計と監修を手がけたお宅+ギャラリーに、たまらなく興奮しました。
e0321980_15484934.jpg

e0321980_16564801.jpg

e0321980_15430183.jpg



●肉饅頭ぎつねコーライ
e0321980_15430726.jpg



●13年ぶりに逢った友達は、20歳で出産したので息子は、
4月で中1という…!
子育ての善き先輩。
煌礼を逢わせることが出来てよかったー
今回もとってもお世話になりました。
ありがとう。
e0321980_15434094.jpg


●種田山頭火の愛した温泉がある、川棚。
山頭火に触れた気がして、なんだか胸がぐっ。
とっても好きな空気でした。
「分け入っても分け入っても青い山」
も好きだけど、この
「湧いてあふれる中にねている」も、
すきになる。
e0321980_17081741.jpg


●そうは言いつつ、子連れの旅。もうすぐ、魔の2歳児。
最近はどこでも、こうなるけどね。笑
結局は抱っこかおんぶが一番!

e0321980_17391348.jpg

e0321980_16512302.jpg



[PR]
# by pazarbazar-yome | 2017-01-20 17:24 | Diary | Comments(0)
受け継ぐ事、引き継ぐ事、教えを請うこと。そして、木古内。
今、わたしのなかの根底に芽生えはじめたテーマが、

現在70代以上の方々から様々なことを受け継ぐこと。引き継ぐ事,教えを請うこと。

私の父方の祖父母は、木古内で自給自足の暮らしをしていました。

牛を飼い、山羊を飼い、鶏がいて、なんか猫もいっぱい居たし、犬もいた。

牛小屋に入ったときの藁の匂い。いまでも私の嗅覚を刺激する。

畑ではじゃがいも、とうもろこし、かぼちゃ、トマト、きゅうり、苺…なんでもたわわに育っていた。

今でいう、自給自足は、若い人の間では憧れになりつつあり、それを目指す人もいるけれど、

うちの祖父母の場合、決して裕福とは言えなかったので、自分達で作らねばならない。という心持ちだったと思います。

生きるために。育てるために。



とにかく、木古内ばあちゃんは、なんでも作る人。山から自然の恵みを採ってくる人。

豆腐、味噌、漬け物、蕎麦、餅、マヨネーズ…

まむしを山から取って来て、まむし酒みたいな物も作っていたり。

お金が無いなかでも、ばあちゃんは、私たち家族が行くと、必ず、煮しめと、お赤飯を炊いていてくれていました。

私は小さいころ、お赤飯に入っている小豆が苦手だったので、ごま塩を沢山振って食べていたっけ。

手打ち蕎麦は、ぶつぶつ切れていたり、太さが細いのもあれば、太いのもあってまばらだったけれど美味しかった。

行くと必ず煮しめで、またこれかーと幼心に思っていたな。

じいちゃんが、薪ストーブの薪をがんがん焚くのでいつも熱いなーとおもっていたんだよな。

いま、思い起こせば、なんて有り難いことなんだろう…


おそらく、お金が無いから作ってしまおうという発想だったと思うけれど、

ばあちゃんの作る料理の数々は今でも鮮明に想いだす。

以前、読んだ桐島洋子著の「聡明な女は料理が上手い」に、「料理することは愛」と書いていたけれど、

ばあちゃんの料理は、まさに愛だったんだと思う。

だから、皆ばあちゃんの事、大好きだったんだ。

飾らずに、あるもんで。山に入ったらタダでは帰らない。という根性。

今、私が大好きな上ノ国の湯ノ岱温泉も、じいちゃん、ばあちゃんが大好きだった場所の1つ。

今の私の価値観を形作るルーツが、この木古内じいちゃん、ばあちゃんの暮らしにあることに気付き初めた近頃です。

もう、じいちゃん、ばあちゃんはこの世には居ないし、

あの生活を営む勇気も、智慧も持ち合わせていない、へなちょこな私だ。

今、じいちゃん、ばあちゃんに教えて欲しいことばかりだよ。

本当に教えてもらいたいことばかり。

コーライにも逢って欲しかった。

そんな想いが、恐らく私の中の根底にある。

今、生きておられる70代以上のおじいちゃん、おばあちゃんに教えてもらわなければ、もう二度と教えてもらえない。

おじいちゃん、おばあちゃんは本当に大切な事を、自分の暮らしの中に活かしているから。

60代以降には受け継がれて来なかった大切なこと。

丁寧に生きること暮らすことは勿論のこと、暮らしを創意工夫すること、物や人への気の配り方、

1つ1つ、1人1人と向き合うこと…などなど挙げればキリがない。


だから、私はあえて今、おじいちゃん、おばあちゃんに逢える機会を見つけては、教えてもらうのです。

78歳の先生に書道を習ったり、89歳のおばあちゃんが60年住んでいた築80年の家を引き継ぐことを決めたり。

もう、学ぶ事ばかりで、気づかされることばかり。

おじいちゃん、おばあちゃんは、若い人と接する機会も無いので、

「この人だ!」と思った方には、自分から飛び込んで行くのが、ポイントです。

疲れさせない程度にというのが必須ですが…笑

なんだか、最近教えを請う人生の先輩方を介し、今は亡き木古内のばあちゃんを回想している夜、なのであります。

やっぱり、すきだ。

木古内。



e0321980_21535255.jpg








e0321980_21542706.jpg









e0321980_21555058.jpg





e0321980_21570379.jpg





e0321980_21562807.jpg




e0321980_22072002.jpg







e0321980_22075273.jpg







e0321980_22081566.jpg


[PR]
# by pazarbazar-yome | 2016-12-03 21:58 | Diary | Comments(0)
niyol FLEA MARKET
来る、11月29日(火)。

普段、気になるあのお店の店主が出品者。

大沼のniyolにて、フリーマーケットを開催致します。

素敵なお店をされていたり、自分のスタイルを持っている方の持ち物ってなんとなく気になります。

そんな、普段気になるあの方や、この方の品物を販売します。

私はよく雑誌で観かける、あの人のバッグの中身とか、すごく好きなので、

個人的に、すごく皆の持ち物が気になって仕方ありません。笑

おもしろそうで、ちょっと一癖ありそうな品々を持って来てくれそうな方々ばかり。

一癖好き、物好きな方は、どうぞ掘り出し物を見つけに来て下さい。

私も、シンプルなniyolには似つかない、

色とりどりの洋服も出品しようかと思っています。

niyolは、原弘美さんの飾らない野菜の味がそのまんまのご飯が食べられるところです。

11月30日で、今年の営業は最後。(再開は来年の春。)

そんな前日の29日。

本当はniyolの定休日なのですが、このフリーマーケットのため、

原サンのご好意によりniyolを特別openにして下さいました。

ちなみに、原サンの昔のラスタな服(笑)やアレコレも出品予定とのこと。

普段、niyolを1人で切り盛りしている原サンと、ゆっくりお話し出来ることも少ないかと思うのですが、

この日は、原サンともゆっくりお話し出来ますね。きっと。

平日。しかも大沼。

なので、来られる方が限定されてしまうのが本当に残念なのですが、

来られる方は是非お気軽に掘り出しものを見つけにきてください。

niyolおにぎりセット販売あり!(テイクアウト&ご予約可)

この名前にピン!と来た方は是非に◎


【出 品 者】
●niyol 原弘美(衣/器/雑貨他) 
●Hutte おかみさん(古本他)
●百聞 やまもとなおみ(小物他) 
●なかがみ農園 仲上友佳(衣他)
…他 

【日時】
日時11月29日(火)11:00-16:00ごろ
場所 niyol(ニーヨル)亀田郡七飯町軍川570 tel 67-3888
niyolおにぎりセット販売あり(テイクアウト&ご予約可)
駐車場有り

【お問い合わせ】
090-1643-0153
tomooooooon@hotmail.co.jp(エポン舎 くにたて)

e0321980_14231195.gif

[PR]
# by pazarbazar-yome | 2016-11-13 14:37 | 絵+デザインの作品例 | Comments(0)
ふくふくの秋。
あっという間に前回のブログ更新から3ヶ月。

早いもので、あっという間に紅葉の季節。

書きたいことは山ほどに。

それまでは、コーライがグズグズ期だったので、あんまり遠出はしていませんでした。

出かけると、泣いたり、ダダコネしたり、結局抱っこ抱っこになるパターン。

チャイルドシート乗らない!となって、必死に乗せようと齷齪して結局私が疲れてしまったりと、

まあ、よくある子育てあるあるな感じだったので、

ほぼ、近所の公園や施設、家、パザールバザール、実家などによく行っていました。

なんだか、ゆっくりとパソコンに向かう時間が無かった様な…記憶も曖昧。

先日も初めて、突発性発疹を体験したりと、(このことはま後日)

変わらずに、日々せわしなく、でも今はすっかり元気に過ごしております。



その反動なんでしょうか…

秋の楽しみ方は食欲で満たすだけじゃ無いんですねー。

この晩夏〜晩秋まで、キャンプや、近隣の山登りを堪能しました。

駒ヶ岳、横津岳、烏帽子岳、袴腰岳を登りました。

コーライを背負いながら、旦那さんは登るので、なかなかな体力勝負!コーライ只今、12kg。

それでも、コーライは泣かないで、黙ってリュックのごとく、旦那さんの背中にくっ付いています。

そして、頂上でおにぎりをムシャムシャ食べて、帰りはだいたい寝ちゃうのがパターン。

なんともいえない大御所感。

e0321980_19394.jpg


e0321980_174746.jpg


e0321980_1325539.jpg

食べてる姿に、なんだか哀愁漂います。

e0321980_18543.jpg


e0321980_171648.jpg





夏の終わりには、東大沼キャンプ場でキャンプをしました。

その後は
一緒にキャンプをした家族のお宅でゆっくりおしゃべりして、
美味しいご飯を囲み、ゆっくりお話したり、聞いたり。

ほんとうに 楽しかったんです。これが。

一緒に時間を共有する幸せというのか、ただ一緒に過ごしているだけなのに、心が満たされるというのか。

自宅に帰ってからも、その時のことを想い出しては、余韻に浸ったり、なんだか心がホクホクしたり、

くくく。と笑えたり。

あの時に食べた、あれが本当に美味しかったなーとか。

場面と結びつく料理って大好きです。

そのキャンプで食べた、手作りソーセージの美味しかったこと。

焚き火に、鉄のフライパンで、一気に焼いて少し焦げ目もついていて。

分厚い木の板に「焼けたよ。」と。

いかにもキャンプらしくて、食べた瞬間に、「あーーーーーーー美味しいーーーーーー」

となりました。

そして、忘れられない…カカオニブ入りのチョコフロランタン…。

嗚呼、フロランタン…

主に小麦とバターのクッキー生地に、キャラメルでコーティングされたアーモンドスライスが乗っているフランス菓子なのですが、そのときに創ってきてくれたのは、

チョコとカカオニブとナッツがたっぷりの厚みのあるフロランタン。

私の中では悶絶フロランタンと記憶しております。

いやあ…本当に美味しかったー…

いつ、どこで、誰と、何を、どのように戴くのか。

アーユルヴェーダで最も大切にしている食事の考え方。

これが満たされていると、食べた物がきちんと消化され、

自分のあらゆるエネルギー(オージャス)となってくれるのだそうです。

きちんと消化をしたり、やる気に満ちて来たり、前向きに考える事のできる脳みそにしたり、

幸せだと感じる心を養えたり…あらゆる活力になってくれる。

この考え方、すごく好き。

このときは、全てが揃っていたので、思いっきり食事を楽しみました。

秋は少し肥えるくらいの方が、自然の摂理に基づいている様な気がしてるこのごろ。

だって、秋は本当に、美しく、美味しいものが沢山。

まだまだ、ほんとにあと残りわずかな秋。

最後まで、空気も含め、味わいたいと思います。


e0321980_1331362.jpg

晩夏のキャンプにて、美女たちに囲まれウハウハコーライ。
[PR]
# by pazarbazar-yome | 2016-11-01 01:11 | アーユルヴェーダ | Comments(0)
わたら in 函館八幡宮。
無事に終了いたしました。

7月9日に行われたというのに、まだ余韻の中におります。

わたらの演舞。ほんとうに素晴らしくて、思い出すだけで、満ち満ちた気持ちになります!

あの日、来て頂いた老若男女すべてのお客様が魅了されていて、

初めましてな方たちで、顔も名前もお互いに知らないし、普段は価値観も全然違うかもしれないけれど、あの感動と興奮を沢山の方と共有できたことは、私が何よりも嬉しかったことでした。

興奮と感動冷めやらぬ方々が続出しており、感動しましたというメールなどを沢山頂いています!

なんだか私も胸が熱くなっている毎日。

この想いが、日々の暮らしへの潤滑油になっているのは間違いない。

わたしがメインとなっての主催は、今回が初めてで、

なんともボケボケな私のことなので‥本当に大丈夫だろうか‥?と、わたらの皆に逢うまで本当に本当に不安でした‥

主催は開演時間が来る直前までとにかく動き回ります‥

ちらしを配ったり、誰かに連絡したり、何かを借りに行ったり、設営したり‥

とにかく、ありとあらゆることを考えてやることは山の様に有るけれど、

目の前にあることを1つずつクリアしていくこと。ほんとに、この訓練の連続です。



そして、今回私のなかでの大きなキーワードは「信じきる」。
だったように思います。


わたらは勿論のこと、小宮さん、八幡宮さま、出店者、お客様、スタッフ関係者、お天道様、そして自分や家族や子供。

関わっていただいてる全ての方を

どれだけ純粋な気持ちで信じることができるか‥

とにかく信じきること。

今回はこの信じることの大切さを身をもって実感させていただきました。




わたらの演舞は、魂の震えが自分でも解るほど素晴らしくて、
雷くんの和太鼓のときに、感動と興奮で涙がぐわーーーと溢れてきました。

ぐぐぐいっっと、心底にあるものを持ち上げるような和太鼓。
魂と心にズドーンと響く、響く‥。

チェさんの韓国太鼓に皆が魅了されて惹き付けられていくのが後ろで観ていて明らかに解り、緊張感を良いかんじに、するすると解いてくれたのはチェさんの持つ力。会場の空気を和ませることができるのは、ありとあらゆる経験を積み重ねてきたからなんだろうな‥

クンサンの情愛と祈りと、優しさに満ちた歌声に、言葉は解らないけれど心に響いてくるものを確かに感じて、なんだか昔、聞いたことのあるような不思議な錯覚と、どこか懐かしい気持ちになったり、

えり花ちゃんのしなやかさと、勇ましさと、躍動感に満ちた舞をみて、彼女の日常の心がけと、意識の高さを感じ、同じ女性としての可能性を沢山魅せてくれて、なんだか希望に満ちてくる気持ちになっていました。


 自分1人じゃ出来ないことを、こうして形で魅せてくれた、わたら。そして、えり花ちゃん。

感動はめぐりめぐって、さらなる力となり、また人を感動させていくのでしょうね。




ご協力してくださった皆々様、本当にありがとうございました。

そして、陰ながら、サポートしてくれた家族や友達。

本当にありがとう。


写真は、皆が撮っていたのを拝借!
もし、写真を撮っていた方は、tomooooooon@hotmail.co.jpに送ってもらえると嬉しいです。

e0321980_052615.jpg


e0321980_815146.jpg




e0321980_0512881.jpg



e0321980_0541788.jpg


e0321980_81418100.jpg



e0321980_0555494.jpg



e0321980_055846.jpg


e0321980_09383475.jpg


e0321980_0584957.jpg



e0321980_0591674.jpg


[PR]
# by pazarbazar-yome | 2016-07-18 01:02 | Diary | Comments(0)


カテゴリ
全体
Diary
I made Sweets&Drink
アーユルヴェーダ
絵+デザインの作品例
未分類

以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

人気ジャンル

画像一覧